個人が開業届と青色申告承認申請書を出すタイミングはいつがいい?

個人事業主をやっております、当ブログ管理人でございます。

私は色々あって引きこもっておりまして、外に出て働けそうもなかったので、在宅でできる仕事を探してやっていました。最初は全然稼げなかったんですが、有難いことに2016年はそこそこ稼げまして、確定申告をすることになりました。

同じように主婦の方や他に仕事を持っていない方で、在宅ワークを始めたんだけど、気付けば確定申告が必要なくらい稼げるようになったな…とか、そういう方っていると思うんです。

そういう場合、いつごろ開業届を出した方がいいのか?早めがいいか?遅めがいいのか?

青色申告をするための申請書の提出は、何月ごろが一番いいのか?

…などなど、実際に青色申告をしてみて分かったことがあるので、まとめていきたいと思います。

1年分の所得を全て青色で申告できない場合

青色申告の帳簿を付けてから分かったことなんですが、開業届と申請書を一緒に出す場合で、そのタイミングが年末だったり7月以降だったりする場合、開業前の所得について青色申告できない場合があるんです。

例えば…

ネットのお仕事を始めてしばらく経ち、やっと毎月コンスタントに収入が入ってくるようになったAさん。このまま白色申告したら税金が多すぎる。今年の分から青色申告がしたい!と思いました。

そう思い立ったのが11月だったんですが、まだ開業届を出していなかったため、開業届と一緒に青色申告承認申請書を税務署に提出しました。

開業から1か月以内に開業届を出すという決まりなので、開業日は10月10日にしました。

いざ青色申告する時です。

1月1日~10月9日までの稼ぎは、事業収入として認められませんでした。その場合は、開業前の9ヶ月間の所得が雑所得となってしまいます。事業所得でないので、1月1日~10月9日までの所得については65万円の控除が受けられません。

……ということで、一般的には青色申告承認申請書と一緒に開業届を出せばOK!ということになってますが、もしそれより先に事業収入が続けて発生していた場合は、その分については65万円控除の対象にならない場合があるのです。

もしこれが、開業が2月で青色申告承認申請書の提出が3月1日という場合でしたら、開業前の分も事業所得でいいよ!となる場合も多いです。※管轄の税務署似て確認すること※

でもさすがに年末に開業届を出したのに、その年の1月1日の分から税金を控除しろっていうのは通りにくい場合があります(その分とれる税金が減るため)。その場合は、その年の分については白色で申告して、その次の年から青色申告すればいいです。

または、10月10日~12月31日までの事業所得だけを65万円控除してもらうなどのやり方もあります。開業前の儲けは雑所得になります。

税務署によって考えが異なる場合が多いですので、所轄の税務署に聞いた方がいいですよ。

一番オススメの開業する時期と申請書を出す時期

上記のような例もあるので、できるだけ、青色申告したい年の1月16日までに開業日を設定し、3月15日までに青色申告承認申請書を提出した方がいいです。一番ややこしくないです。

これなら1月1日から文句なく青色の65万円控除が受けられます。

2月16日から始まる確定申告の期間になっちゃうと人が多いので、できたら2月15日までに税務署まで行って手続きを終えておいた方が無難かなと思います。

もしくは、開業届だけ早めに出しておくのもいいですね。それで、青色申告したいなと思った年の3月15日までに申請書を出したらOKです。

その代り、その年の途中から青色申告ということが出来なくなりますので、その辺はその人の考えに寄りますが…

稼ぎが少なくても青色申告した方がいい!

実は私は、「まだ稼ぎも少ないから白色でいいや~」と考えてました。

その結果、青色だったら支払わなくて済む税金を支払うことになりました。かなり稼ぎも少ないのでカツカツです。控除してもらえるものはしておいた方がよかったなと今では思っています。

今は白色申告でも帳簿つけが義務になっていますからね。昔は必要なかったそうなんですが。

記帳の方法は青色の複式簿記よりは簡単とはいえ、手間はかかってしまいます。適当な計算でもダメですし…領収書なども保管しておかなければなりません。

どっちにしろ面倒なことはやらなくてはいけないですから、どうせなら得する青色申告65万円控除を狙った方がいいと思います。

…ということで、年間40万円以上の所得があって、これからも今やってる仕事を続ける予定なのであれば、開業届を出して青色申告の申請書を早めに出しておいた方がいい!…というのが、私の結論です。

年間の所得(収入から経費を引いたもの)が20万円くらいしかない場合は、白色でも税金がかからないのでそのままでいいと思います。ただ、今後とも続けていって収入を増やす予定なのであれば、早い時点で青色申告する方向で進めた方がいいかなと、今は思います。

・開業届の出し方や書き方は⇒こちらにまとめています。

・青色申告承認申請書の出し方や書き方は⇒こちらにまとめています。

「やよいの青色申告オンライン」なら、パソコン上で簡単に帳簿つけが出来て、申告に必要な書類も自動作成!

電話・チャット・メール・画面共有で仕訳の仕方も相談できるベーシックプランは初年度半額!私もベーシックプランに登録して、何度も相談させてもらってます(*´▽`*)

公式キャンペーンはこちら⇒やよいの青色申告オンライン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする